タグリア(たぐりあ)

特徴

房総半島屈指の遊漁船基地として有名な大原港の近くにある入り江。
大原港の白灯堤防の付け根から続く護岸をそのまま進んだ先に2本の堤防に囲まれている
小場所ではあるものの岩礁帯の上に造られた堤防から多彩な魚種が狙える。
カイズやイシモチの数釣りや5kgのヒラメが釣れたりなどの実績がある釣り場。
主なターゲットはカサゴ、アイナメ、メジナ、クロダイ、シーバス、イシダイ、イシモチ。

シーズン

春 クロダイウミタナゴアイナメシーバスイシモチ
秋 クロダイメジナウミタナゴアイナメシーバスイシモチ
冬 メジナアイナメ

釣り方・仕掛け

アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
メジナ ウキ釣りヘチ釣り、カゴ釣り、サビキ釣り
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
イシダイ 投げ釣り、ブッコミ釣り。

ポイント

【左堤防】 付け根のテトラ帯は満潮時でも2~3mほどと浅い。テトラ帯の足場は滑りやすいので注意。
      海底は岩礁に所々砂が積もっているために濁りが出やすく良型のクロダイの実績がある。
      波の影響を受けやすいのでウキ仕掛けが落ち着きにくいので重めのものを使うと釣りやすい。
      先端部分は水深は4mほどあり、海底には砂地が広がっている。
      ウキでクロダイ。付けエサはオキアミが基本だが濁っている時はイワイソメが効果的。
      潮が緩い時はにはダンゴ釣りで攻めても面白い。イワイソメを使った投げでイシモチが狙える。
【右堤防】 南側に続く護岸でここも水深が2mほどと浅いので満潮前後に入釣することが釣果に関わってくる。
      海底は岩礁帯で起伏に富んでいる。クロダイ、シマダイ、ウミタナゴ、良型のメジナなどがヒットする。
      クロダイはハリスを多少這わせ気味にして根掛かりを覚悟で狙ってみよう。
      この釣り場は沖から潮が入って濁っていた水色が回復する頃に訪れてみるのがベスト。
【入り江内】 外海が荒れている時にはイシモチの群れなどが入り江に入ってくる。奥の階段状の護岸から狙おう。

豆知識

近くにある大原港はイセエビの水揚げ量日本一の漁港として有名。
海が荒れている時に堤防に波がはいあがってくるので非常に危険、ライフジャケッットなど安全対策をしておこう。
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。