勝場港(かつばこう)

特徴

勝浦の海岸線にある小さなワンド内に造られた港で中央を岬が区切られており港を変更する場合は中央の岬のトンネルを使う。
長入港勝場港を二つ合わせて鵜原港と釣り人の間で呼ばれている。
ちなみに左側が長入港、右側が勝場港
時期によっては青物が回遊したり、他の釣り場では見れないタカベが釣れたりする。
勝場港の港内には砂地が広がりアジ、イワシの群れが入ってくる、それを追ってヒラメが入ってくることも多い。
主なターゲットはアジ、クロダイ、メジナ。

シーズン

春 メジナクロダイ
夏 アジメジナクロダイ
秋 アジメジナクロダイ
冬 メジナクロダイ

釣り方・仕掛け

アジ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ釣りルアー
クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
メジナ ウキ釣りヘチ釣り、カゴ釣り、サビキ釣り

ポイント

2つの港の間にある岬へは、長入港側の堤防付け根から入ることができ足下から棚状にハエ根が伸びている。
ちなみに必然的にハエ根の先がポイントとなり、カゴでアジを狙うのが中心となる。
しかし、イシダイの実績があったり夏にはスイカ釣りでクロダイを狙う釣り人もいる。
勝場港 外側の堤防先端が人気の釣り座。ウキでアジ、小メジナ。
      アジは夕方~夜がおすすめ、30cm超えの実績もある。型だけでなく時期によっては数も狙える
      手前の岸壁からもアジの回遊は見られるが先端ほどの釣果は期待できない。
      なお、堤防外向きはカゴ釣りの一級ポイントとなっているが堤壁が高いのでハシゴが無いと登れない。
      港内にある小突堤は魚が寄り付く根などは無いが外海が荒れている日にはクロダイが期待できるポイントへと変わる。

豆知識

長入港勝場港は両港はトンネルでつながっている。
勝場港の港内にある小突堤は潮が済んでいる時は下まで丸見えとなる。
港内には船が係留することも多いので釣りをする際には注意が必要だ。
駐車スペースあり。

アクセス

館山道・市原ICを下車、国道297号線を経由し、国道128号線から港へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。