川口港(かわぐちこう)

特徴

千田~千倉にかけての海岸線は南房でもとりわけ低い岩礁帯が連なっている。
そのためメジナ、クロダイ、イシダイなどの磯魚の魚影が抜群に濃いエリアといえる。
2km強の海岸線には4つの港があり、いずれも岩場と岩場に挟まれた小漁港といった雰囲気。
川口港の特徴としては水産試験場の脇にあり入り江としては最奥部に位置している。
港前にはテトラ堤が控えているため小物の釣り場というイメージだがシケ日の実釣は侮れない。
主なターゲットはメジナ、クロダイ、サヨリ、アジ、シーバス。

シーズン

春 メジナクロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ
夏 クロダイアジ
秋 クロダイアジシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ
冬 メジナクロダイアジサヨリシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
サヨリ ウキ、投げサビキ
アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー
メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ

ポイント

港の船道がミゾ状の好ポイントとなっており、小さい港なのでダイレクトに狙える。
【左小突堤】 メジナ、クロダイ、サヨリが狙える。
       港左へ払い出す流れとテトラ堤の切れ目から当ててくる流れの合流付近が好ポイント。
       沖からのウネリが強すぎると当て潮になってしまうため、
       そんな時は堤防から竿下に狙いを切り替えよう。
       ちなみに左堤防の港外側は釣り禁止エリアとなっているので注意が必要。
【右堤防】 干潮時には底が丸見えとなってしまうほどの浅瀬だが
      シケ日には魚が入ってくるため好んでこちらへ入る釣り人も多い。
      大きなハエ根があるのでそこから右角に釣り座を構えると良い。

豆知識

ちなみに川口港以外の4つの港は平磯港忽戸港堺港となっている。
港そのものが狭いうえに堤防も短いため、どの漁港も1~3人程度が限度の小さい港。
しかし、休日には釣り人の姿をどこかの港で伺える。
路肩に駐車スペースがあるが道路は狭く曲がりくねっているので迷惑駐車だけは避けよう。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。