伊戸港(いとこう)

特徴

州崎から続く岩礁帯と平砂浦との境目に位置している港
周りを岩礁帯に囲まれてはいるが底質は砂地と岩礁帯が入り混じった状態である。
普段は穏やかな場所だが低気圧や季節風の影響を受け海が荒れれば
適度なサラシ、濁りが入り型を狙うチャンスとなる。
主なターゲットはクロダイ、メジナ。

シーズン

春 クロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
夏 クロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
秋 クロダイメジナ
冬 ウミタナゴメジナシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ

ポイント

【左堤防】 ウキでクロダイ、メジナ。中央付近港外のテトラは足場が悪いので注意が必要。
      テトラがなく一段高くなっている角付近港外では小型のメジナを狙っての数釣りが楽しめる。
      先端は足場良くウミタナゴ、小メジナで数楽しめる。先端で型を狙う場合は左側にある根の際を流すと良い。
      サーフライトを使った夜釣りでシーバスも狙える。
【右堤防】 先端ぐらいしかポイントと呼べないシケ時の逃げ場だが外海が荒れた時に思わぬ大物と出会うことがある。
【磯場】 港の右側にある低い岩場で堤防より先に船道を狙えるためクロダイ、メジナの実釣は高い。
     ただし、満潮時には足元を波が洗うのでウェーダー、チャランボなどの本格的な装備は必須と言える。
     強い南西風によって船道にサラシができた時などがシーバスの狙い目となっている。

豆知識

【左堤防】の付け根付近港外は釣り禁止エリアとなっているので注意。
小さな港のため竿を出せる人数は限られ、県道257号から外れている為か穴場となっている。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。