平磯港(ひらいそこう)

特徴

千田~千倉にかけての海岸線は南房でもとりわけ低い岩礁帯が連なっている。
そのためメジナ、クロダイ、イシダイなどの磯魚の魚影が抜群に濃いエリアといえる。
2km強の海岸線には4つの港があり、いずれも岩場と岩場に挟まれた小漁港といった雰囲気。
最も千田寄りに位置する平磯港は沖磯の渡船出航港として知られた港。
主なターゲットはメジナ、クロダイ、サヨリ、アジ、シーバス。

シーズン

春 メジナクロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ
夏 クロダイアジ
秋 クロダイアジシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ
冬 メジナクロダイアジサヨリシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
サヨリ ウキ、投げサビキ
アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー
メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ
アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。

コツ

アオリイカ】 点在する根や海藻を探る。
【メジナ】、【クロダイ】 外海が多少荒れ気味の日が良く潮がいったん対岸へ払った後に沖へでていくようならチャンス。
             近眼には根などが無いためコマセで魚を寄せて仕掛けは極力沖まで流していくと良い。
【アジ】 港内でも右堤防でも専門に狙うなら夕方前に入釣し夜釣りへ突入するプランがおすすめ。

ポイント

【右堤防】 港は左右から2本の堤防に囲まれており右側の堤防がメインのポイントとなる、水深は4m前後。
【港内】 港内にある小屋前は夜釣りで大アジが釣れるため地元では人気のポイント。

豆知識

ちなみに川口港以外の4つの港は川口港忽戸港堺港となっている。
港そのものが狭いうえに堤防も短いため、どの漁港も1~3人程度が限度の小さい港。
しかし、休日には釣り人の姿をどこかの港で伺える。
駐車スペースがあり。

アクセス

館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、鋸南富山ICで下車し国道127号線を勝山方面へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。