西浜堤防(にしはまていぼう)

特徴

元々は島だったが陸繋砂州の発達により現在の陸続きの岬が形成された大房岬の南側にある堤防。
浅い岩礁帯が広がっており砂も粗いので岩礁帯を好む魚が多く釣れる魚種も豊富。
主なターゲットはシロギス、ウミタナゴ、メバル、クロダイ、シーバス。

シーズン

春 クロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、シロギスウミタナゴメバル
夏 クロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、シロギスウミタナゴメバル
秋 クロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、シロギスウミタナゴ
冬 クロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ

釣り方・仕掛け

シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣りコマセアミエビ
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り、オキタミ、モエビ。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキアオイソメ

ポイント

ウミタナゴなどの小物釣りはどこの堤防でもシンプルなウキで楽しめる。
【左堤防】 沖に向かってミゾが走っており水深は満潮でも約2mほどと浅いがクロダイは年中釣れる。
      エサはオキアミが基本だが春~夏ぐらいは生きたモエビでの実績が良い。
      右側の中ほどにも平らな根があり水深が低いので濁りが入っているのが条件となるポイント。
      シーバスのポイントでもあるのでなるべく太めのアオイソメを扇掛けにしてウキで狙うか、
      ルアーで楽しむのも良い。
      シロギスなども狙えるが根掛かり覚悟で投げなければならない。
【網干場】 秋の落ちにはシロギスの数釣りを楽しめる。外道でベラ、カサゴ。
      水深が浅い釣り場なのでウキ釣りには向いていない。
【右堤防】 最も長い堤防だがこちらも水深は浅い。
      ここも【左堤防】と同じで濁りが入っていればクロダイを狙うことができる。
      左側には流れこみがありそこから沖に向かってミゾが走っている。

豆知識

【網干場】は海水浴客もくるので岩場を平らにする工事が施されており根は平らな岩場となっている。
大房岬の北側には富浦新港がある。
南向きの釣り場なので冬の季節風を避けることができる。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。