五井沖堤(ごいおきてい)

特徴

木更津、長浜と並ぶ東京湾内の沖堤。
沖堤は五井堤防と市原堤防の2本ある
釣り人は常連者がほとんどなのも特徴の一つ
主なターゲットはクロダイ、シーバス。

シーズン

春・秋 メバル、フッコ、シーバス
夏 クロダイ
冬 アイナメカレイ

釣り方・仕掛け

フカセ、ルアー、底釣り、ブラクリヘチウキ釣りミノー

ポイント

【五井堤防】 メバル、カレイ、アジ、シーバス、アイナメ、クロダイ、ハゼ、シロギス。
【市原堤防】 カレイ、クロダイ、アイナメ、メバル、シーバス。
※市原堤防は陸続きではあるが東電力火力発電所の敷地は立入禁止となっている為、渡船を利用。

豆知識

どちらの堤防自体は市原港にあるが、渡船は北側の千葉港・出洲埠頭から出航する
五井堤防の陸向きとなる南側は満潮時には水面から数十cmの高さしかなく灯台のある西側一帯は水没し波が洗う、沖向きの北側は段差が付いており全体的に高くなっている。
水深は全周の8mほどとなっている。
コマセは禁止となっている。

アクセス

電車の場合、JR内房線・本千葉駅より徒歩3~5分。
車の場合、R14号線を蘇我方面へ向かい都川を越えてすぐ左折、300mほど進み1つ目の交差点を左折。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。