【釣り場情報】片貝~飯岡のヘッドランド

Googleマップで開く

片貝~飯岡のヘッドランド(かたがい~いいおかのへっどらんど)

特徴

九十九里エリアで次々とヘッドランドが建設されて新たな釣り場として脚光を浴びている。
九十九里の片貝港を境として北と南に分かれる。
片貝~飯岡までの北九十九里海岸地区には12本のヘッドランドが建設されてる。
水深は場所によってまちまちなので中には浅くて釣りにならない所もある。
形状に関係なく沖に向かって左側いくほど深くなっていく。
主なターゲットはクロダイ、イシモチ、シーバス、シロギス、ヒラメ、マゴチ、アイナメ、ソイ。

シーズン

春 クロダイイシモチシーバスシロギスヒラメマゴチアイナメソイ
夏 クロダイイシモチシーバスシロギスヒラメマゴチアイナメソイ
秋 クロダイイシモチシーバスシロギスヒラメマゴチアイナメソイ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
ヒラメ 投げ釣り、ブッコミ釣り、ルアー
マゴチ ルアーブッコミ釣り
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー

ポイント

多少は場所によって異なるが投げでイシモチ。ウキでクロダイ。ルアーでヒラメ、シーバス。
テトラ基板石周りをブラクリ、ソフトルアーでアイナメ、ソイなどの根魚が釣れる。
もっともポピュラーなターゲットが胴付き仕掛けを用いた投げでのイシモチ。
離岸流が強く仕掛けが流されやすいのでイカリやスパイク型のオモリを使用すると良い。
エサはイワイソメ、アオイソメ、魚の身などがおすすめ。
ウキ、ウキフカセで狙うクロダイも50cmクラスの大型も数が多く上がっているので専門に狙うのも面白い。
シーズンスタートの目安としては内房や南房エリアで春の乗っ込みが終わる頃で水温は14℃台後半で安定するぐらいから秋まで釣れる。
離岸流にコマセを乗せて沖からクロダイを呼びこむのがコツ、なので離岸流が出ていれば釣果は期待できる。
水深は1mもあれば十分で意外なポイントで釣れる事も多い。

豆知識

ヘッドランドは砂の流出を防ぐ役割を果たしている。
北側のヘッドランドの形状はまっすぐ沖に延びたもの、T字型、L字型と3種類ある。
一帯では現在も所々で工事が行われている、現在は入釣は咎められることはないが
今後のマナー違反で釣り禁止にされるなどは避けていきたい。
ここらへん一帯はサーフィンの人気スポットでもあるのでサーファーの動きには注意し安全な釣りを楽しもう。
いずれの釣り場も県道30号線を起点に入釣することになるが海岸近くは迷路のように路地が入り組んでいる、
防砂林で海岸線が見えずに簡単に辿り着けないポイントも多いのと近くに駐車スペースが無い場所もあるので折り畳み自転車を積んでいくと良い。
自転車はサイクリング道路から入釣すれば釣り場移動は格段に楽になる、狭い道路での迷惑駐車を避けれるのでおすすめ。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。