七里御浜 神志山(しちりみはま こうしやま)

特徴

約22Km続く日本で一番長い砂礫海岸で、日本の景勝地にも数えられる場所。
神志山に隣接する場所で、投げ釣りにはもってこいのポイントである。
メインは 投げ釣りブッコミ釣りルアー釣りになるのだが、風が吹いたり、荒天になるとすぐに波が高くなるので、注意が必要。

シーズン

春・夏場は投げ釣りブッコミ釣りクロダイマダイスズキマゴチシロギスアオリイカハマチカツオカワハギ
秋・冬場はクロダイヒラメルアー釣り投げ釣りで釣れる。

釣り方・仕掛け

ブッコミ釣り投げ釣りルアー釣りがメイン。

ポイント

海岸全体がポイントとなる。
他にも、潮がヨレているところや潮通しの良いところがポイントとなってくる。

マメ知識

マダイ狙いならば、ユムシ、クロダイならば、ブッコミ釣りでのカメジャコがおもしろい。
泳がせ釣りでの大型の青物も釣れるので、一本仕掛けを投げておくのも面白い。
やはり朝マズメ夕マズメは特に大型の実績が高い。

アクセス

R42神志山を海岸方面へ行くと、七里御浜へ

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。