神島(三重県 神島 かみしま)

特徴

鳥羽の佐田浜から定期便で行ける島。
とにかく、周辺は潮の流れが速いことで知られ、釣りづらい面はあるものの、大型の魚たちが潜むポイントとしては見逃せない。
大型のテトラポットが無数に入っており、豊富な魚種のターゲットが狙えることで有名なポイント
三重県の中でも指折りの好ポイントである。

シーズン

春・夏場は セイゴ、クロダイ、サンバソウ(イシダイ)、アジサバメジナ
アイゴ
秋・冬場はカレイアイナメメバルカサゴアオリイカメジナ

釣り方・仕掛け

前打ちブッコミ釣り投げ釣り、探り釣り(ミャク釣り)。

ポイント

基本的に突堤の外側に向かって、仕掛けを投入するイメージや
テトラ帯の際ではクロダイの前打ちが○。
磯場においては、大型のスズキがでることでも知られる。

その他のマメ知識

三重県の中でも、大型のアイナメ40~50cmクラスの魚も実績があるので、侮れない釣り場である。
また、投げ釣りにおいては、川の流れのように潮がきついため、スパイクオモリなども用意することをオススメする。
大潮の時には、潮がきつくて釣りにならないような日もあるため、ゆるい日の釣行をオススメしたい。
テトラポットでの釣りになるので、ライフジャケットは必ず着用しましょう。

アクセス

鳥羽の佐田浜から定期便で出航。
アクセスは約50分程度。
トイレがないのが難点だが、実績は高い。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。