天白川河口
  
下水処理場ポイント                           天白川河口一帯

特徴

天白川でも有名なシーバスポイント。

シーズン

秋口から初冬にかけてシーバスが釣れる。
夏には60cmクラスのウナギも釣れる。

釣り方・仕掛け

浅い釣り場なので満潮時を狙い、遠投向きのメタルジグバイブレーションが定番。
濁りのあるときにはピンク、イエロー系のものが良い。
月明かりが出ているようなときには金系カラーがGOOD。
他にもブッコミのエサ釣りで2本針仕掛け(フロートさせる)も良い。
エサ釣りのほうが確率は高い。

コツ

橋の橋脚周りにキャストして、斜め上流にリトリーブしてくると良い。
ブッコミ釣りではフロートさせて
アオイソメの房がけで。
中潮~大潮で夕まずめの満潮と重なるときはさらに確率がUP!

釣りスポット

天白大橋の両サイドがベストスポット。
下水処理場前の温排水が出ている角周辺もグッドポイント。

その他のマメ知識

天白大橋から河口側南にはトイレのある新宝緑地公園がある。

アクセス方法

名古屋市内の国道23号線・竜宮IC下車、「竜宮町」信号を南へ、「船見町」信号を直進し、天白大橋へ。

結び方についてのイラスト解説


そのほかの釣り場を探す

全国の釣り場を探す
ほかの愛知の釣り場を探す

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。