能生港(のうこう)

特徴

多くの堤防があり、足場がしっかりしているのでビギナーやファミリーに人気の釣り場。
冬にある西からの季節風でも高いコンクリートの壁が守ってくれるので、ある程度の悪条件でも釣りを楽しめる。

シーズン

秋~初冬にかけて豆アジ、サヨリが狙える。
春 サヨリクロダイアジメジナヒラメイナダ
夏 クロダイアジメジナヒラメイナダ
秋 アオリイカサヨリクロダイアジメジナヒラメイナダ
冬 サヨリクロダイアジメジナ

釣り方・仕掛け

回遊魚 投げサビキルアーカゴ釣り、ミノー
アジ 投げサビキルアーウキ釣りカゴ釣り。
カレイ 投げ釣りルアー、チョイ投げ。
シロギス  投げ釣りルアー、チョイ投げ。
ヒラメ ブッコミ釣り、[ルアー、[泳がせ釣り]]。
マゴチ ブッコミ釣り、[ルアー
クロダイ ダンゴ釣り、ウキ釣りヘチ釣り、ブッコミ釣り

ポイント

【赤灯堤防】 先端は15mほどの水深がある潮通しも良いので回遊魚狙いのアングラーにも人気のポイント。
       中央の港内向きあたりは水深10m。足場が高いのが難点だがクロダイのダンゴ釣りのポイントとなっている。
       釣果としては渋いがたまにハリスを切る様な大型とも出会える侮れないポイント。
       堤防からは伸びている突堤はウキフカセでカイズの数釣りが楽しめる。
       根元の弁天島向きのテトラ帯はクロダイ、メジナ。エサ取りが多いので工夫が必要。
       根元の港内向きでは夏の夜釣りでキジハタが狙える。サヨリの回遊が見られるポイントでもある。
【港内中堤防】 テトラ帯からアオリイカが狙えるポイント。赤灯堤防側の船道は水深7mほどありクロダイも狙える。
【白灯堤防】 沖向きのテトラ帯でクロダイが狙える。堤防付け根の磯からも竿を出せるが波が高い日は控えるのが無難。

豆知識

海産物などが売っている「マリンドリーム能生」が港の東側にある。
【赤灯堤防】など足場が高い場所だと子連れの人は注意が必要となる。
駐車スペースあり、トレレあり、コンビニあり。

アクセス

国道8号線弁天岩の東すぐで能生港へ。

問い合わせ

いとう釣具店 TEL:025-544-1173

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。