海川河口(うみかわかこう)

特徴

天然のアユが遡上する事で有名な良型のシーバスが釣れる釣り場。
淡水と海水が混じり合うポイントなので魚種も豊富で1年を通して釣りを楽しめる。

シーズン

ヒラメ、マゴチ、シーバスなどのフィッシュイーターが稚アユを狙って春先に出没する。
水温の上昇と共にアジなども回遊を始め、秋には小型回遊魚なども狙える。
春 シーバスアジシロギスクロダイイナダカサゴ
夏 シーバスアジシロギスクロダイキジハタカサゴ
秋 シーバスアジシロギスクロダイイナダカサゴ
冬 シーバスカサゴ

釣り方・仕掛け

【シーバス】 夜釣りが中心でルアーだけじゃなくエサ釣りでも大丈夫。
       電気ウキ(ウキ下1~2ヒロ)でアオイソメの扇掛けにイワイソメを加えると効果的。
【アジ】 投げサビキが基本だが良型狙いなら遠投で狙うのも面白い。
【クロダイ】 軽めのコマセがおすすめ。

ポイント

【導流堤】 付近はシーバスの季節になるとルアーマンで賑わうポイント。
      釣り座が狭いの譲り合いの精神でトラブルが無いようにしよう。
      先端部では投げサビキでアジ狙いの釣り人で賑わう。
【河口左岸】 砂浜から投げ釣りでカレイ、シロギス、マゴチ、ヒラメが狙える。
【河口右岸】 海に突き出した形の消波ブロックの周りでアイナメ、カサゴが狙える。
       濁りがある日ならクロダイも狙え、たまにキジハタも釣れる。
       ブッコミかブラクリで狙う、エサはアオイソメで十分だがソフトルアーでも狙える。

コツ

【シーバス】 遠投はせずに沖に向けて流していくぐらいで良い。
【回遊魚】 小型が中心だが秋に狙える、ナブラが立ったら投げサビキをナブラの中心ではなく周辺に投げ入れる。
      小イワシが掛かってもそのままにして良型のイナダを狙ってみよう。

豆知識

河口左岸は夏には海水浴場として賑わう。
河口右岸の消波ブロックは水がかぶりやすく足場が悪いので
事前に波の状態を調べておきライフジャケットなど装備をしっかりしよう、
波が荒れたら迷わず撤収する方が良い。
駐車スペースあり。

アクセス

車の場合は、北陸自動車道から糸魚川ICから国道148号線を経て国道8号線に入って能生方面へ10分ぐらいで着く。

問い合わせ

えびす釣具店 TEL:025-553-1363

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。