特徴

新潟市信濃川の河口に位置する沖堤防。
 
西突堤、新突堤と共にクロダイ釣りの盛んな防波堤です。
沖堤防という事もあり ファミリーフィッシングで訪れる人も少ないため じっくり楽しみたい方にはお勧め。
また 先端付近は15m以上も水深があり 真冬の居付きのクロダイも狙えます

シーズン

四季を通してクロダイ釣りはできますが、4月の後半ころから釣れ始め、GW後に安定してくる傾向にあります。
春のシーズン当初はテトラ周りが実績が高く良型も釣れますが、テトラポットの大きさが大きく、慣れないと危険です。 
梅雨を過ぎたころから、へチ釣り(落とし込み)でも釣れ始めます。

釣り方・仕掛け

通年、ウキ釣り
夏はへチ釣り(落とし込み)やブッコミ釣り
イシダイマダイの実績も高く、不意の大物にはご注意を・・。

コツ

大きく分けて海側、川側と釣り方を変えたほうが釣果が上がるようです。
川側の場合、概ね1号以上の負荷があるウキを使い、確実に底付近でアタリを待つといった釣り方が出来れば大型も望めます。
海側の場合、凪がよければ、軽い仕掛けでも対応は出来ますが
日によって、左右の潮の流れが非常にきついときがありますので、状況にあった仕掛けで対応する事が必要にります。
いずれにしても、信濃川の流導堤のような場所ですので、
強い流れの中でも馴染ませやすい仕掛けで望んだほうが実績が上がると思われます。

釣りスポット

2kmほどの長い防波堤なので、ポイントはさまざまで、季節状況によって異なりますが
全体でクロダイは釣れます。
海峡・
大ポット周り・ 
小ポット周り・
スリット・
ガチャガチャ・
屏風付近・
旧灯台・
への字・
先端・
などなど・・・。

その他のマメ知識

先端付近で、春先からここ数年延長工事。
工事期間中は、安全のため絶対立ち入り禁止。
渡船利用につき船長の指示を守り、安全第一を努めましょう。
スパイクシューズなどの滑り止め、
ライフジャケットは必須です。
渡船業者はフラワー丸と成田丸がオススメ。←成田丸船長 体調不良につき 長期休業になりました

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。