小土肥堤防(おどいていぼう)

特徴

海水浴場の砂浜を守るために造られた堤防。大型のマダイシロギスアオリイカなどが狙える。
メインは投げ釣り、ウキフカセ釣り、ヤエン釣りエギング

シーズン

春・夏場はシロギスアオリイカマダイイシダイヒラスズキメジナ
秋・冬場はマダイ、イシダイ、メジナ、ヒラスズキ、アオリイカが釣れる。

釣り方・仕掛け

投げ釣り、ウキフカセ釣り、ヤエン釣り、エギングがメイン。

ポイント

各堤防一帯や沖の根周り、テトラ周りがポイントとなる。

マメ知識

メインの堤防は潮通しもよく、先端ではウキフカセ釣りでメジナ、沖の根周りではイシダイ、
沖側ではアオリイカ、マダイが狙える。マダイに関しては大型も十分狙える。
他の堤防でも投げ釣りでシロギスやマダイなども狙える。全体的に波を被りやすいので安全にも注意が必要。

アクセス

県道17号線・沼津土肥線を南下、小土肥浜バス停付近を右折したところ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。