大浜港(おおはまこう)

特徴

仁科大浜海水浴場の右端にある小さな港で、釣り人も少なく穴場的な釣り場。
水深は深くないが釣れる魚種は豊富。
メインは投げ釣り、ウキフカセ釣りエギング、ダンゴ釣り

シーズン

春・夏場はメジナアオリイカシロギスアジイワシクロダイソウダガツオ
秋・冬場はアオリイカ、シロギス、クロダイ、アジ、イワシ、スズキ、メジナが釣れる。

釣り方・仕掛け

投げ釣り、ウキフカセ釣り、ダンゴ釣り、エギングがメイン。

ポイント

浜から突き出た堤防と、沖側の岩場から出ているテトラ堤の2本の堤防がメイン。
沖側は先端部がテトラ帯で形成されているため足場が多少悪いが浜からの堤防は足場が
よいので初心者向けである。

マメ知識

岩場側の堤防では、クロダイ、メジナ、スズキを沈みテトラのやや沖目をウキフカセ釣り
ダンゴ釣りで狙う。シロギスは投げ釣りで、アオリイカはエギングでそれぞれ先端から沖方面を狙う。
浜側の堤防では、シロギスを投げ釣りで狙うのがメインとなる。
初夏頃は先端付近でサビキ釣りにて小アジが狙える。なお、岩場側堤防の波打ち際は危ないので
注意が必要。

アクセス

国道136号線を南下して「仁科東」交差点を右折。わかれ道を左折して大浜港へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。