【釣り場情報】日立久慈漁港

Googleマップで開く

特徴

日立港の北隣、第1埠頭に寄り添うようにたたずむ港。常磐エリアの港では珍しく外の堤防に車で乗り入れることができる。堤防の先端は高さ、テトラの大きさともに手頃とあって釣り人に人気の釣り場。

港は左からL字型に延びた堤防と港内2本の岸壁からなり、どこでも釣りが可能。ただ、港内は浅いため外側の堤防がメインのポイントとなる。船の通り道も狙い目だ。

主なターゲットはクロダイ、カレイ、イシモチ、ハゼ、アイナメ、メバル、ウミタナゴ、サヨリ。いずれのターゲットも魚影も実績も十分にある。期待できる。嵐の翌日は港内に魚が集まるため特によく釣れる。

シーズン

春 クロダイカレイアイナメウミタナゴイシモチサヨリ
夏 クロダイイシモチ、カイズ、ワカシ、ショゴ。
秋 クロダイカレイアイナメイシモチハゼ、カイズ。
冬 カレイアイナメサヨリ

釣り方・仕掛け

クロダイ ダンゴ釣り、ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
サヨリ ウキ釣りカゴ釣り。
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
ハゼ 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

【堤防】 先端では春先にウキフカセでサヨリ、ウミタナゴ。夏~秋にかけて一時的にワカシ、ショゴなどの回遊魚も狙える。
     回遊魚はメタルジグもしくは弓ヅノとジェット天秤の組み合わせで狙うと良い。
【港内】 岸壁からチョイ投げででカレイ、ハゼ。日並にもよるがサビキで小アジ、サバが釣れる。

コツ

【クロダイ】 堤防先端のテトラ帯がメインポイント。水深は3m前後で沖でも4mほどと全般的に浅いので多少の波っ気は欲しい。
       テトラ際にビシッと仕掛けを貼りつけ、コマセで手早くマイポイントを作るのがコツ。
       堤防先端のテトラが無い場所はダンゴ釣りの好ポイントとして知られている。
       夏~秋にかけてはカイズクラスながら数釣りも可能。
【カレイ】 赤灯付近から第1埠頭に向かって投げると40~80mの地点にあるカケアガリを重点的に狙いたい。
      時には40cmクラスも顔を見せ、マヅメ~日没にかけてヒットする確率が高い。
【イシモチ】 堤防全般から外海にかけて全体がポイント。特に堤防の付け根付近~最初の曲がり角まで良い。
       数こそ少ないものの30cm超えの良型が中心となることから地元の釣り師の間でも人気が高い。

豆知識

トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。