【釣り場情報】那珂湊港

Googleマップで開く

那珂湊港(なかみなとこう)

特徴

茨城県にある那珂川・河口に隣接し古くから海運や漁業で栄えた大規模な漁港。
お魚市場もあり賑わいがある。
港内ではハゼ、セイゴなど汽水を好む魚がよく釣れ、秋にはカイズの釣り場としても有名。
港内の水深は2~5mで決して深いとは言えない。
しかし、那珂川の水が入り込む関係で常に程よい濁りがあるため魚影は濃い。
そのため河口と港の間にある水門の開閉で潮の流れが変わる。
港内の底質は泥や砂で【姥の懐】へいくにしたがって岩が多くなる。
一方、堤防の外側は岩礁帯で起伏に富んでおり、水深は堤防の付け根あたりが1~6m。
港口に違い側は5~6mでややフラットな砂地にツブ根が点在する。
北の【姥の懐】は工事中のため釣りができる範囲が狭くなっているが
テトラ帯の先には深い溝の入った岩礁帯がありクロダイや根魚などの好ポイントとなっている。

シーズン

春 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、イシモチ
夏 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、ハゼアジイシモチマゴチ
秋 クロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、ハゼアイナメアジイシモチカレイ
冬 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、ハゼアイナメカレイ、稚アユ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
マゴチ ルアーブッコミ釣り
アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。
サヨリ ウキ、投げサビキ
アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー
メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
ハゼ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。

コツ

船道を狙うことになるため漁船に注意。

ポイント

東堤先端、赤灯堤先端。
【中堤防】 港口側の三角テトラが入ったテトラ帯が釣り場となる。
      テトラの先で水深は2~3mと浅く砂地に根が点在している。
      9~10月はウキフカセ、ダンゴでカイズ。11~1月には夜釣りでセイゴが狙える。
      投げでは先端から船道を狙ってカレイ、ハゼ。
【新堤防】 外側を狙うとイシモチ、アイナメが釣れる。
      先端部分と曲がり角の外側にあるテトラはウキフカセで大型のクロダイが狙えるポイント。
      夏~秋にかけて投げサビキで大型のアジも狙える。
      内側の水深は浅いが9~11月は堤防割の沈み根を狙ってカイズ狙いで賑わうポイント。
【姥の懐】 春にウキフカセでクロダイ、ウミタナゴ。秋にカイズ混じりでクロダイ。
      アイナメ、ソイ狙いならブッコミかテトラの穴釣りがおすすめほぼ周年釣れる。
【港内】 チョイ投げでハゼ、メゴチ、カレイ、アナゴが釣れる。
     堤防際をソフトルアーで探ればメバル、ソイがヒットする。
     サビキで2~5月に稚アユ、チカ。6~11月にイワシ、アジ、サバをお手軽に狙える。

その他のマメ知識

通称「への字堤防」と呼ばれる那珂川の導流堤が港の一部を形成している。
ただ「への字堤防」はハナレの導流堤なのでマイボートが無いと渡堤はできない。(立入禁止では無い)
テトラも大きく流れも複雑と大変危険なので入釣はおすすめはしない。
どうしても渡堤するなら必ずフローティングベスト、スパイクシューズなど装備を整えておいてほしい。
新堤防の一部は北端の【姥の懐】と沖提をつなげる埋立工事が行われており立入禁止エリアとなっている。
トイレ、駐車スペースあり。

アクセス

常盤自動車道・友部JCTから北関東自動車道に入り水戸IC下車。国道51号線から国道245号線に入り、大洗水族館方面へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。