【釣り場情報】大津港

Googleマップで開く

大津港(おおつこう)

特徴

茨城県にある大規模な漁港で大津岬の付け根に位置する港。
松が崎~江戸上川河口まで総延長1km以上と北茨木エリアでは最大の港である。
ガケと平地の境目という立地上、海底には幾筋もの深い溝が走っており。
岩場、砂地、河口と地形も変化に富んでおり狙える魚種が豊富で泥底となっている港内では底物が狙える。
主なターゲットはイシモチ、カレイ、アイナメ、ソイ、クロダイ、ウミタナゴ、メバル、アジ、サバ、ワカシ。

シーズン

春 カレイアイナメクロダイウミタナゴメバル
夏 クロダイイシモチアジ
秋 カレイアイナメクロダイイシモチ
冬 カレイアイナメサヨリ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
マゴチ ルアーブッコミ釣り
アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。
サヨリ ウキ、投げサビキ
アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー
メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。

釣り場

大津港 沖提

ポイント 

【長防波堤】 松が崎から延びる大津港東側のメインポイント。
       外側の付け根付近は岩礁帯となっておりウキフカセでクロダイ、ウミタナゴ。
       探りではアイナメ、ソイが狙える。
       先端付近では大津港 沖提に向かって遠投してカレイ、堤防際でヒラメのほかに夏場では
       サビキでアジの数釣りも可能。
【港内護岸】 足場は良く初心者にもうってつけとなっている。
       長防波堤~第1埠頭にかけてはチョイ投げでハゼ、メゴチ、カレイが釣れいずれも小型が中心となる。
       釣れたハゼを生きエサとして放りこんでおくとヒラメなど思わぬ大物がヒットすることもある。
【第3埠頭護岸】 どうどうと車横付けで釣りができるポイント。ターゲットは港内護岸とほぼ変わらない。
        しかし、港口の船道が狙えるため良型のカレイが期待できる。カケアガリを重点的に攻めていくと良い。
【新船溜まり】 里根川と江戸上川の間に近年造成された地区で船溜まりの中はほとんど潮も通さないため小物が中心となる。
        しかし、外側岸壁では投げ釣りで良型のアイナメ、カレイ、イシモチが期待できる。
        江戸上川寄りに延びた新堤は大津港でも最高のポイントで海面からの高さ、
        広さなど手頃で中程より先はテトラも無く釣りやすい。
        ここでは投げで良型のカレイ、アイナメ、イシモチが狙え河口付近でヌマガレイ、
        春先の一時期にはナメタガレイが上がることもある。
        冬場にはサヨリが回ってきたりと楽しませてくれてサビキも可能となっている。
【砂浜】 江戸上川の右岸にある砂浜でも釣りができてイシモチ、ヒラツメガニ、アイナメ、ヒラメ、シーバスなどが狙える。

その他のマメ知識

【第3埠頭護岸】の付け根付近には公園や親水護岸も整備されている。
港内で工事中の箇所や漁業関係者が作業をしている所での釣りは控えよう。
地元の人から注意などがあった場合は素直に受け止めてトラブル無く釣りを楽しんでほしい。
大津港 沖提へ渡船にて渡ることができる。出航場所は江戸上川河口の新堤内で航程は5分以内。
トイレ、駐車スペースあり。

アクセス

常盤自動車道・北茨城IC下車、国道6号線を北上し仁井田交差点を右折し大津港へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。