【釣り場情報】小貝浜

Googleマップで開く

小貝浜(こがいはま)

特徴

付近には高さ20m前後のガケが続いているそんな中にあって
唯一、海際にすんなり出られる場所にある小貝浜海水浴場。
すり鉢状の海岸は左手の石積み護岸、中央の小さな砂浜そして小貝川の流れこみからなり両サイドはともに絶壁。
ここで一番人気の釣り座は左手の石積み護岸、足場の高さもほどほどで
奥まった所にあるため波にも強いことから釣り人の姿の絶えない場所。
遊歩道を川尻灯台に向かって進むと左手に一段低くなった磯場がある。
海面から約3~4mとこちらも釣り座として好適で足下は浅い砂浜だが
右のワンドには波除けのテトラが並んでおりいかにも根魚が好みそうなポイントである。
これより南側はすべて高いガケで高所恐怖症でない釣り人だけに許される釣り座だがとてもおすすめできない。

シーズン

春 アイナメクロダイウミタナゴ
夏 ソイクロダイ
秋 アイナメソイクロダイ
冬 アイナメソイ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り

ポイント

【石積み護岸】 ほとんどの釣り人がブッコミで根魚を狙っている。
        正面は砂浜だがすぐ沖に根が入っているためアイナメ、ソイなど狙える。
        特にアイナメは30cmクラスが普通に釣れてくるという。
        ポイントもさほど遠くないのでブラクリ仕掛けやソフトルアーで探っても面白いだろう。
【遊歩道磯場】 遊歩道途中の磯場。ウキフカセでクロダイ、アイナメを狙うのも良い。
        沖から波が直にぶつかる所のためブッコミが有利。ポイントは正面に点在する沈み根と右手のテトラ帯周り。
        波に仕掛けを取られないためにも15~20号のオモリでしっかりポイントをキープしたい。
        5~7月にかけてウミタナゴ釣りも盛ん、地元の釣り師は3本ほどエダバリを出した胴付き仕掛けで狙っている
        日並みにもよるが好調時には25~30cm級の束釣りも可能。エサはオキアミ。

豆知識

断崖岸壁の白さに松林の緑が映える川尻灯台付近の岬は日本百景のひとつに数えられる景勝地。
砂浜脇にある駐車場からは北の鵜の岬、南の十王川河口まで遊歩道が通じているが北側はガケ崩れのため立入禁止となっている。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。