【釣り場情報】田尻浜堤防

Googleマップで開く

田尻浜堤防(たじりはまていぼう)

特徴

田尻浜の北側に小さく突き出した突堤で岩礁帯の上に造られた堤防。
堤防のすぐ北は再び断崖絶壁の海岸線岬状の山から続く。
駐車場にある看板には「日高漁港」と書いてありそちらが正式な名称となる。
しかし、釣り人には「田尻浜堤防」の方が通りが良い。
主なターゲットはクロダイアイナメシーバスなど魚影は抜群。
地元ではクロダイの好ポイントとして知られている。

シーズン

春 クロダイアイナメ
夏 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、クロダイイシモチ
秋 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、クロダイイシモチアイナメ
冬 アイナメ

釣り方・仕掛け

クロダイ ダンゴ釣り、ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ

コツ

【クロダイ】 ポイントは堤防の折れ曲がったあたりから先端にかけての外側全般。
       ブッコミで狙っても良いがここではウキフカセが面白く手前よりも10~15mほど沖を狙うのがコツ。
       全体に水深が浅いせいか季節を問わずタナは底付近に集中しているため確実に底取って攻めたい。
       シーズンは4~5月に乗っ込みを告げる第1陣が釣れ始め、6月頃がピークとなる。
       一旦、産卵期後の食い渋りに入った後9月頃から再び30cm級が釣れ盛るというパターンが多い。
       遠投が中心となるポイントなのでコマセも重めとして粘りの強い配合エサで仕上げると釣りやすい。エサはオキアミ良い。
【シーバス】 堤防から北側のテトラ帯(満潮時は水没)にかけての実績が高く40~50cm級がコンスタントに釣れ、たまに70cm超えが狙える。
       ルアーは遠投タイプのミノーが良く、サイズは9~11cmが基準となる。
       シーズンは初夏~秋にかけて早朝が最高のチャンスタイムとなる。
【イシモチ】 堤防付け根~テトラ帯にかけての砂浜で投げ釣り。

豆知識

堤防は高さが無いので少しでもウネリがあると必ず波を被る、濡れて滑りやすくなっている箇所もあるので注意が必要。
スパイクブーツ、ライフジャケッットなど着用して慎重な行動を心がけて欲しい。
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。