【釣り場情報】田尻浜

Googleマップで開く

田尻浜(たじりはま)

特徴

裸島から北へとおよそ600mも続く海岸。
背後がほぼガケとなっているため入釣ルートは南北にある砂浜からに限定される。
入り口付近こそ釣り人を見かけるが中央部まで行く人はあまりいない穴場。
海岸線はすべて侵食防止用のテトラ帯となっているが比較的緻密に積まれているので足場は悪くない。
ただし、ガケ下ゆえ常に落石の危険があることを肝に命じておきたい。
田尻浜は海底の随所に随所に沈み根が入っているのが特徴。
主なターゲットはイシモチよりも根魚のアイナメ、ソイ、クロダイとなる。
いずれも魚影は濃いポイントといえる。

シーズン

春 アイナメクロダイ
夏 イシモチ、[[クロダイ]、[[ソイ]]]。
秋 イシモチアイナメクロダイ、[[ソイ]]。
冬 アイナメ、[[ソイ]]。

釣り方・仕掛け

クロダイ ダンゴ釣り、[[ウキフカセ]]釣り、[[ヘチ]]釣り、[[ブッコミ釣り]]、[[ウキ釣り]]、[[カゴ]]釣り。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、[[ミャク釣り]]、[[ヘチ]]釣り、[[ルアー]]
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

延々とテトラ帯が続くため一見しただけではおこがポイントなのか判断しにくく、
これらも波の具合やシケなどによって日ごとに変化するためどこが岩でどこが砂と言いづらい。
オモリだけの仕掛けを投入して海底の様子を探ることで岩礁が露出した部分と砂がたまった部分を
察知することができるのでこの方法でじっくりと海底の把握してから挑みたい。
ポイントになる場所は根が大きく露出した所で根の中ならソイ、ドンコなどが狙え、
根際に投入すればアイナメ、クロダイが狙えて、アイナメ、クロダイは40cm級の大型もヒットする。
田尻浜堤防よりには小さな砂浜があり、こちらはイシモチ狙いのポイントでアイナメなども釣れてくるが良型は期待できない。

コツ

掛かったらなるべく素早く根から引き離すようにすること魚影が濃い反面、根がかりが多いのが田尻浜の泣き所でもある。
仕掛けには浮き上がりの早いジェット天秤を用いるなどの対策が必要、ハリスも根ズレ予防に4~6号と太めのものを使いたい。
また、あまりにも根がかりが激しいようなら捨てオモリ式の胴付き仕掛けに変えてみるというのも良い。

豆知識

駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。
[[#閲覧履歴記録]]