【釣り場情報】滑川浜

Googleマップで開く

滑川浜(なめかわはま)

特徴

北寄りの清水浜滑川浜などかつては国道から離れていたためにめったに釣り人の入らぬ穴場だった。
現在は海岸線の真上を走る国道6号バイパスから脇にそれるだけで入釣が可能とアクセスが良くなった。
海岸は小さな流れこみのある砂浜と侵食防止用のテトラからなる。滑川浜の北側はガケとなっているので注意が必要。
滑川浜清水浜の間ならびに清水浜より南側は国道に付随する護岸帯が続いている。
テトラ帯の上と護岸上が主な釣り場となる。

シーズン

春 アイナメクロダイ
夏 イシモチクロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
秋 イシモチアイナメクロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
冬 アイナメ

釣り方・仕掛け

クロダイ ダンゴ釣り、ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

工事が終了して日も浅いため現時点ではどこがポイントなのかさだかでは無いが
もともと砂地帯に根が点在する海岸であったのでイシモチは確実に狙える。
アイナメも有望株で北側のガケ下がもっとも根がキツいようで現時点では釣り人もそのあたりに集中している。
護岸帯は広いわりにフラットな足場が少ないがテトラでクロダイが狙える。
ただ、少しでも波があると危険なのでベテラン向きといえる。
夏~秋にかけてルアーでシーバスを狙うのも面白い。

コツ

【イシモチ】 オモリ20号前後の胴付きき仕掛けを用い投入したら根がかりを避ける為になるべく仕掛けを動かさない方が良い。
       小川の流れこみがあるので雨後で濁りの入った日が特に狙い目となるだろう。
【アイナメ】 エサはイワイソメにシンプルな1本針仕掛けあるいはブラクリ仕掛けで沖の沈み根周りやテトラ際を攻めたい。
       北側ガケ下では20~25cmと小ぶりが多いが40cm級の実績もある。
【クロダイ】 護岸帯のテトラではウキフカセ釣りも可能。

豆知識

国道6号線のバイパス開通にともなって、数年前からするとガラリと様変わりしたのが日立市の旭町~滑川町にかけてのエリア。
工事は現在も進行中で以前は容易に入釣できた初崎海岸、浜の宮広場はほぼ立入禁止となっている。
所々に駐車スペースはあるがそれほど広くない、迷惑となる駐車は控えよう。
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。