【釣り場情報】会瀬の磯

Googleマップで開く

会瀬の磯(おうせのいそ)

特徴

会瀬海水浴場の北側にある岩礁帯。
磯場は岬状に貼り出した陸地から海中にそのまま延びているといった形状で砂浜に岩礁帯が点在している。
満潮時はただ沈み根あるいはカブリ根だが潮が引くとかなり沖まで岩場が露出するので磯伝いに入釣が可能となる。
ただ、低い磯場なので竿が出せるのはナギ日に限られる。

シーズン

春 クロダイアイナメソイ
夏 クロダイソイイシモチ
秋 クロダイアイナメソイイシモチ
冬 アイナメソイ

釣り方・仕掛け

クロダイ ダンゴ釣り、ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

南側の会瀬海水浴場では投げでイシモチ、ヒラツメガニ。
北側の初崎海水浴場ではイシモチ、大型のヒラメが上がることで知られている。
ベイトのよりつきが良いため魚影も濃く秋から冬にかけて狙うと面白い。

コツ

【クロダイ】 シーズンは春先~晩秋にかけてで特に4~5月の乗っ込み期には大型が期待できる。
       なるべく磯の先端付近まで出て深みとなっている所を狙うのがコツ。
       ウキフカセの場合は仕掛けを流すといより根際で止めてアタリを待つスタイルが良い。エサはオキアミ。
【根魚】 アイナメ、ソイ、カサゴなどの数多く居着いている。エサはイワイソメをでブラクリでテンポ良く探ってみよう。
     磯場に出られない日は付け根付近の砂浜から磯の際を目がけてぶっ込むのアリ。

豆知識

日立会瀬エリアの海岸線は基本的に砂浜海岸だが会瀬港沖にある七夕磯をはじめ随所に岩礁帯が見られる。
磯場は低いのでライフジャケッット、ウェーダー、チャンランボなど安全に配慮した装備が必須。
できれば単独での入釣は避けたほうが無難となる。
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。