【釣り場情報】磯崎港

Googleマップで開く

磯崎港(いそざきこう)

特徴

阿字ヶ浦の砂浜と那珂湊まで続く磯海岸のちょうど境目に位置する港。
【白灯】の右側は岩場、港の左側は砂地となっており潮通しも良く水深も十分にある。
大漁港が連なる常磐のなかではさほど規模の大きい港ではないが釣り場としての質はかなりのレベル。
主なターゲットはアイナメ、ソイなどの根魚はほぼ周年狙うことができる。
2~4月頃には堤防先端で稚アユ。4月頃からクロダイ、ウミタナゴが釣れ始める。
5~6月になるとヒラメ、マゴチ、カレイ。7~9月はイシモチ、シロギス、アジ、メジナ。
8~10月はイナダ、カンパチといった青物も回遊してくる。タコは5~10月頃が狙い目となっている。
港の規模のわりには釣れる魚種も豊富で人気があり釣り人の姿が絶える事の無いポイント。

シーズン

春 アイナメクロダイ
夏 アイナメクロダイ、イナダ、カンパチメジナアジマダコヒラメイシモチ
秋 アイナメクロダイメジナアジマダコヒラメイシモチ
冬 アイナメ

釣り方・仕掛け

アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
イナダ カゴ釣り、ルアー
カンパチ カゴ釣り、ルアー
メジナ ウキ釣りヘチ釣り、カゴ釣り、サビキ釣り
アジ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ釣りルアー
ヒラメ 投げ釣り、ブッコミ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
マダコ テンヤ。

ポイント

【白灯】 右側のテトラ帯は足下から水深が4~5mあり、海底は砂地と岩礁が混在している。
     岩場はアイナメ、クロダイ、メジナ、ソイのポイント。
     クロダイ、メジナはウキフカセ。アイナメ、ソイはテトラ際をブラクリかブッコミで狙う。
     潮通しの良い堤防先端はアジの他にカンパチ、ヒラマサ、イナダ、シマアジなどの青物の実績が高い。
     投げ、サビキ、カゴ、メタルジグを使ったルアーなどで青物を狙う。
     投げ釣りでは海底の砂地部分をイシモチ、シロギスが狙え。ルアーでヒラメ、マゴチが狙える。
     また港の内側の堤防際をテンヤで探るとタコが釣れる。
【赤灯】 クロダイ、アイナメ、ヒラメ、メバル、マゴチ、イシモチなどが狙える。
【港内】 ハゼが狙える。

コツ

【シーバス】 堤防付け根の磯、砂浜で狙える。

豆知識

【白灯】の先端のテトラは大きく足場も高いので注意が必要。
【赤灯】は工事のため一部、立入禁止エリアがある。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。