【釣り場情報】波崎旧港

Googleマップで開く

波崎旧港(はさききゅうこう)

特徴

茨城県と千葉県の県境をなす利根川の河口部に横長に設けられた港。
すぐ隣に波崎新港が控えているので釣り人は少なめなのでゆっくり釣りをたのしめる。
ただし、春先は利根川の雪解け水によって水温の低い状態が続くため本格的なシーズンインは5月中旬とやや遅め。
大潮の日は下げ潮がかなり早いのも覚えておくと良い。
河口内とはいえ淡水と海水が入り混じる汽水域なので海のターゲットも豊富。
主なターゲットはシーバス、ハゼ、カレイ、ヒラメ。

シーズン

春 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
夏 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、ハゼヒラメ、シタビラメ。
秋 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、ハゼカレイヒラメ、シタビラメ。
冬 カレイボラ

釣り方・仕掛け

シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
ヒラメ 投げ釣り、ブッコミ釣り、ルアー
ハゼ 投げ釣り、チョイ投げ。
ボラ 投げ釣り、チョイ投げ、ウキ釣りミャク釣り
シタビラメ 投げ釣り、ブッコミ釣り、ルアー

ポイント

冬場のボラ釣りが有名で赤や黄色といった鮮やかなゴムが付いたギャングバリを投げて
色によってきたボラを引っ掛けるという独特の釣りが行われている。
【右堤防】 投げでセイゴ、フッコ、ハゼ、カレイなどが狙える。さほど遠投せずとも中心に仕掛けが届く。
      セイゴ、フッコは5月中旬~11月までロングランで狙え、特に6~7月、9~10月が高実績となっている。
      台風などで水が真っ茶色に濁った日などは爆釣もある。
【船溜まり】 お盆過ぎ~初冬にかけてハゼ釣りが盛ん。投げではあまり釣れない。
       オモリ3号以下、1本針の軽い仕掛けを岸壁際に落としこんでいくのが良い。
【岸壁】 魚市場~展望台にかけては漁業関係者の邪魔にならない限りどこからでも竿を出せる。
     投げでセイゴ、フッコ、ハゼ。潮が早い日には25~30号のスパイクオモリなど対策が必要。
【リバーサイド公園バス停前】 波崎新港へと通じる水路がポイント。イシモチ、シタビラメ、ヒラメなども釣れる。
               イシモチは胴付き仕掛けの投げ釣り、シタビラメはチョイ投げ、
               ヒラメはハゼの泳がせ釣りで竿下を狙うと良い。

豆知識

港には計5本の沖堤があるが渡船は行われていない、沖川側の堤防で釣りを楽しめるのは【右堤防】だけとなっている。
随所にトイレや東屋が設置されている。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。