【釣り場情報】大津港 沖提

Googleマップで開く

大津港 沖提(おおつこう おきてい)

特徴

大津港の沖およそ300mに浮かぶ2本の沖提。
陸よりが旧堤、沖よりが新堤と呼ばれ、全長は旧堤が約800m、新堤が150mほどとなる。
旧堤の曲がり角付近をのぞいてケーソン周りにテトラが入っておらず釣りやすいのが特徴。
そのため投げ釣り、ウキフカセ釣りのほかヘチ釣りも盛んに行われている。
常磐道での一級ポイントとされ、マコガレイ、ナメタガレイといったカレイが狙える。
他にも沖堤周辺では根が点在するので根魚が狙えアイナメ、クロダイ、ソイ、ヒラメ、マゴチなど
ターゲットの顔ぶれは実に豪華である。

シーズン

春 カレイアイナメクロダイウミタナゴソイヒラメ
夏 クロダイソイマゴチ
秋 カレイアイナメソイヒラメ
冬 カレイアイナメソイヒラメ

釣り方・仕掛け

カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
マゴチ ルアーブッコミ釣り
ヒラメ 投げ釣り、ブッコミ釣り、ルアー

ポイント

ヘチ際やテトラ帯での探り釣りでアイナメ、ソイ、ドンコと言った根魚が狙え良型も期待できる。

コツ

【カレイ】 ここでのメインターゲットで旧堤、新堤ともに港内側が主なポイント。
      投入点は場所によって50~100mほどと異なりほんの竿したで50cm級が釣れることもあるので幅広く探っていきたい。
      新堤でしばしばナメタガレイも上がり50cm超えも記録されている。
      カレイのシーズンは10~翌6月までで5月が数、型ともに望める。
【クロダイ】 外海側主なポイントでウキフカセは全域で可能。ヘチ釣りだと水深のある旧堤と新堤の間が狙い目となる。
       おおよそ5~10月いっぱいまでというのが毎年のパターンとなっている。
【ウミタナゴ】 春に型、数ともに釣れるとあって専門に狙う人もいる。
【アイナメ】 真夏を除けばほぼ一年中釣れる。外海側の岩礁帯目がけてぶっ込む他に堤防周りのヘチでも狙える。
       旧堤の曲がり角付近がベスト。エサはイワイソメの他に常盤の地エサであるエラコや
       スーパーで購入できるムール貝などが良い。
       4~6月の最盛期には50cm超えの一升瓶クラスも夢ではない。

その他のマメ知識

渡船にて渡ることができる。出航場所は江戸上川河口の新堤内で航程は5分以内。

アクセス

常盤自動車道・北茨城IC下車、国道6号線を北上し仁井田交差点を右折し大津港へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。