【釣り場情報】表浜名湖 舞阪堤

Googleマップで開く

表浜名湖(舞阪堤)
 
舞阪堤東側サーフ                          舞阪堤

特徴

今切り口における屈指の大人気スポット。
テトラ帯なので足場よくないが、大勢の人があまり入らないポイントなので魚影は濃い。
西風が強いときには釣りにならないが、条件さえ合えば、絶好のポイント。
前打ち穴釣り投げ釣りフカセ釣りがメインと多彩な釣り方が可能。
ルアー釣りも周囲の混雑状況によっては可能。

シーズン

夏場は クロダイシロギススズキマハゼ、メゴチ、サヨリ、アジ、マゴチ
初秋は セイゴ、ハゼクロダイシロギス
冬場は カレイ、シロギス、メバル、カサゴ

釣り方・仕掛け

投げ釣り:基本はスパイク型の円盤オモリでの仕掛けもしくはジェットテンビンが一般的。
エサはカメジャコ、ボケイワイソメアオイソメ
前打ち:エサをゆっくりと落としこんで堤防前の捨て石周辺やカケアガリにいるクロダイを誘ったり、待ったりする。
穴釣り:または、探り釣り、ミャク釣り
港や堤防のテトラポット、石積みの間の隙間に仕掛けを落としてメバルやアイナメなどの根魚を狙う釣り方。
ルアー釣り:メバル、カサゴ、シーバスなどを狙う場合にも、ソルトルアーからミノーまで
少しでも変化のある流れや障害物に集中してみると良い。
フカセ釣り:魚をしっかりと寄せるために集魚材を撒き、オキアミなどで狙ってもおもしろい。

コツ

少しでも海底に変化のあるようなところを狙おう。
投げたオモリを少しずつ巻き上げるとゴツゴツしたりするので
そういった感覚で海底の変化を読む。
堤防下は捨て石カケアガリになっており、潮通しが良いので、そこを探っていくと根魚クロダイが狙える。
穴釣りの場合には少しでも深い穴へ仕掛けを落とし込むようにしよう。

ポイント

周辺の捨て石周り、テトラ帯など。

その他のマメ知識

徒歩で行くことになるが、荷物をまとめて行かないと、不自由なのが難点。

アクセス

東海道、舞阪地域自治センターを南下、
表浜公園へ向かってそこから徒歩で先端へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。