【釣り場情報】イルカ島

Googleマップで開く

イルカ島(いるかじま)

特徴

鳥羽から渡船利用で行ける島で約10分程度。
とにかく、周辺は潮の流れが速いことで知られ、釣りづらい面はあるものの、周辺の島々同様、クロダイの好ポイントとして知られている。
周辺にはイカダが多く設置されており、おかっぱりというよりはイカダ・カセ釣りで有名なポイントである。
名前にあるようにここではイルカショーが見られるので、イルカ島と呼ばれている。

シーズン

春・夏場は セイゴ、クロダイアジ
アイゴ、チャリコ(マダイの幼魚)がフカセ釣り、かかり釣りで狙える。
秋・冬場はカレイアイナメメバルカサゴ投げ釣りルアーで釣れる。

釣り方・仕掛け

前打ちブッコミ釣り投げ釣り、探り釣り(ミャク釣り) 、かかり釣り

ポイント

基本的には、投げ釣りでの釣行をオススメする。
また、投げ釣りにおいては、川の流れのように潮がきついため、スパイクオモリなども用意することをオススメする。
ファミリーでのイルカショーと釣りの両プランでの釣行などがオススメ。

アクセス

鳥羽佐田浜から定期便利用で出航。
アクセスは約10分程度で、午前便・午後便に分かれているので、
帰りの便の時間は着いたときに確認しておきましょう。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。