【釣り場情報】子父雁漁港

Googleマップで開く




特徴

瀬戸内市。岡山市からは232号線を牛窓方面へ。
岡山市と瀬戸内市の市境を越えてすぐ。
流れが速く、良型ウシノシタが釣れる。

シーズン

春:チヌ(クロダイ)、メバルカレイアイナメスズキニベコブダイコウイカ
夏:チヌ、スズキ、アナゴマゴチ、ニベ
秋:チヌ、スズキ、アナゴ、コウイカ、カワハギカサゴ、イイダコ
冬:チヌ、スズキ、メバル、コブダイ、カサゴ

釣り方・仕掛け

チヌはフカセ釣り、ダンゴ、カブセ釣り。年明けの厳寒期でも釣果がある。
スズキ、カレイ、アイナメ、ニベ、ウシノシタは投げ釣り
マゴチ、メバル、スズキはルアーで。
メバルは探り釣りやウキ釣りでも釣れる。
コブダイはカブセ釣りで。
秋にはカワハギが釣れる。
喰いは満ち上げのほうが良く、比較的良型の実績もあり、25㎝が釣れたこともある。
カブセ釣りか探り釣りで。

コツ

満ち潮、引き潮ともによく動き、引きはかなり強い。
フカセ釣りは満ち上げを釣るほうが無難。
城ヶ鼻(東の磯場)でもフカセ釣り、投げ釣りが出来る。
根掛かりが多いので投げ釣りは浮き上がりの早いオモリで。
カブセ釣りは満ち上げでチヌ、アイナメ、カワハギ。引きでコブダイの実績がある。
カワハギはカブセ釣りのほうがサイズは揃うがあたりが取りにくく、探り釣りのほうが比較的簡単である。どちらも、短い竿で素早くあわせるようにするのがコツ。

釣りスポット

主な釣り場は西側の波止。
先端にはフェンスがあり立ち入り禁止。
水深は先端部で満潮時で8m前後、捨石からケーソンの繋ぎ目までは5m前後。
東の波止でもチヌ、カレイ、マゴチなどが釣れる。
城ヶ鼻は水深があり、厳寒期にチヌが釣れる。
のっこみもいい釣果に恵まれる。
満ちの潮が狙い目。

その他のマメ知識

沖波止へも渡してもらえる。
子父雁フィッシングセンターへ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。