釣り人のための安全講習会開催のお知らせ 2010年8月29日(日)

2010年8月29日(日)に台風シーズンを前に水難事故を防ぐため、JOFI愛知主催による、釣り場の安全講習会が開催されます。
参加予約不要、参加費無料です。

釣り人のための安全講習会開催 無防備落水救助 昨年から始まった、全国でも初の取り組みの『釣り場の安全講習会』は、初回ながらも参加者91名という大盛況でした。
気温30度を超す残酷暑の中、「いざという時のための実践講習」が行われましたが、今年で二回目となります。

第四管区海上保安本部の安全講話の後、ライフジャケット無しの無防備落水、ベーシックなライフジャケット、首懸け式自動膨張ライフジャケット、ポーチ型自動膨張ライフジャケット、ポーチ型手動膨張ライフジャケットなどを着用し、実際の釣り場の海に落水して見せ、救急・海保の救助が到着するまでの一次対応を実演する予定。

その後は常滑市消防本部の救助隊が心肺蘇生とAEDの使用方法を実践指導。
大人から子供まで、楽しく海で釣りをするためにも、こうした安全面への取り組みや意識の向上は大切です。

実演者も参加見学者も、「落水時はこうする、こうすべし」ということが明確にイメージできるようになるはずです。
みなさん家族や釣り仲間とぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

開催日:8月29日(日)
受付開始AM10:00
場 所:愛知県常滑市りんくう町りんくう釣り護岸
  ※JOFI愛知の青い旗とノボリが目印
最寄駅:名鉄常滑線「りんくう常滑駅」

お越しの際は、できるだけ公共交通機関をご利用ください。









JOFI 愛知 について


釣りインストラクター連絡機構 (Japan Official Fishing Instructor )(略称;JOFI)は、(社)全日本釣り団体協議会 (略称;全釣り協)及び、農林水産省の後援と指導により、平成4年から全国各県に設立されました。
「JOFI愛知」は平成9年に発足。
「JOFI愛知」は、[社団法人全日本釣り団体協議会]の主催する「公認釣り釣りインストラクター」および 「公認フィッシングマスター」の「資格試験」に合格した人のうち、愛知県に在住する人々で構成する任意団体です。※現在・会員数60名

「楽しい釣りをいつまでも…」を合言葉に、「釣り場環境の保全問題」や「安全の確保」、
そして「釣りのルール・マナーの啓蒙活動」を中心に活動しています。
また、主な事業として以下のような活動をしています。

(1)・各行政、地域における社会教育事業(釣り関連)対する講師派遣。
(2)・各種「釣り大会等」へ対する「インストラクター」の派遣。
(3)・関係団体との協同事業。(釣り場清掃、釣り教室の開催など)
(4)・「釣り場環境」に関連する調査・研究及び清掃活動。
(5)・会員同士の各種研修会、釣り大会や懇親会など。