シロギスの投げ釣り(イメージトレーニングで爆釣を目指せ!)

シロギスの投げ釣り(イメージトレーニングで爆釣を目指せ!) この映像を見れば,シロギスの釣果は飛躍的にUP!!(するかも?).水槽に投げ入れた餌で,シロギス釣りの時のイメージトレーニングだ.どこに餌を投げ込めばいいのか?­餌を引きずる時のスピードや餌の浮かせ方は?潮流とシロギスの位置関係?などなど結構シロギスの癖がわかりますよ.
この映像では,アミコマセ投下からキス達が満腹になるまでが納められています.

投げ釣りで釣れた,ピンギス.3週間たって6匹中5匹が水槽に慣れました.冷凍赤虫と冷凍アミこませを餌として認識してくれます.

普段,シロギスは水流の上流側の頭を向けて泳いでいます.驚いた時に砂に潜って止まることはあっても,基本的にはヘリコプターのホバリングのように泳ぎ続けます.
最初,水面のアミコマセの匂いが,エアレーションによる水流(時計回り)で,水槽の下に広がってきます.現物には気づかないが,匂いに気づいた,水槽底のシロギスが一斉に­あわただしくなります.匂いの基を辿って,浮き始めたシロギスが,落下を始めたアミコマセに猛然とアタックします.映像から,嗅覚にくらべ,視覚はさほどよくないことがわ­かります.少し浮いている餌に,シロギス群は興味を示し,沈んでしまった餌にはあまりアタックをしません.ただ,冷凍アキアミは,振動しないので,シロギスの聴覚がどの程­度かは,わかりません.しかし,沈んでしまった虫餌は,素早く見つけ出せます.また,タツノオトシゴの尻尾にも時々アタックするので,動く細長いものには反応するようです­.餌の状態や誘い方の参考になりましたか?

詳しくは、わがままな釣魚水槽で(http://aliake0amakusa.blogspot.com/)

動画説明

水中での魚の捕食シーンを知ることは、釣果アップの秘訣ですね!

別の条件で検索する

ぎょねっとムービートップに戻る

新着・更新情報

Top