【ハーフヒッチ】

ハーフヒッチとは?

編み付けと呼ばれる結びの基本の形です。ノット完成後にハーフヒッチで補強して強度を上げ、根ズレやスッポ抜け、魚との接触でのラインブレイク等を防ぎます。釣り方によってはあまり使う機会は少ないかもしれませんが、大物釣りの際は覚えておくと便利な結び方です。

FGノットでは最後の仕上げにハーフヒッチを行うので、FGノットを使用する際は必ず覚えましょう。

結び方解説


(説明では仮にダブルラインを作って行って行きます)
軸になるライン2本をスナップのアイに通して引き締めておきます。

下側にラインをくぐらせ、作った輪の中にラインの先端を通します。

次は逆に上側からラインをくぐらせ、輪の中にラインの先端を通します。

②③を繰り返していけば、完成です。

※必ずラインをくぐらせるたびに、一回一回しっかりと締め込んで緩まないようにしましょう。
※金具部分を何かに引っ掛け、ラインにテンションを張った状態で行うとやりやすいです。