【エイトノットループ】

エイトノットループ  

動画でわかりやすく解説

エイトノットループを使用する状況は?

エイトノット同様、ポピュラーな結び方の基本。
ラインを折り返し、ダブルラインにしてエイトノットをするだけなので、こちらをエイトノットという場合もあります。
またチチワ結び、八の字チチワとも言われよくサルカンやスイベルとの結束に使用されます。
発展させることで、いろんな結び方ができますので、ぜひ覚えておきましょう。

結び方をイラストで解説


20~30cmのダブルラインを作り、輪を作ります。

軸となるラインの下側に図のようにくぐらせ、最初に作った輪に通します。

このときできる八の字の形からこの名がつきました。

ゆっくりと締め込み、端糸のいらない部分をカットして完成です。