【ドロッパーループ】

ドロッパーループ

動画でわかりやすく解説

  

ドロッパーループを使用する状況は?

エダスを作る際によく使われている結び方です。
フライフィッシングや投げ釣りサビキ釣り、船での餌釣りに等で使用されます。
簡単にエダスを作ることが出来ますので上のような釣りを良くする人にはオススメの結び方です。

結び方をイラストで解説


15~20cmくらいのラインで図のようなループを作ります。

図のように、ループの先端を4~5回ほど巻きつけます。

②で作った根本側のループを、先端のループの中に図のように通します。

ラインのそれぞれにテンションをかけながら、ループを引っ張って締め込んでいきます。

エダスを付ける場合は、図のようにハリスを通せば完成です。
※最後にできるループをどれだけ小さく作れるかがポイントになります。