【チチワ結び】

チチワ結び

動画でわかりやすく解説

  

チチワ結びを使用する状況は?

延べ竿などの先端に道糸を結びつけたりする場合に使用するラインの結び方です。
簡単に作ることが出来て、竿への脱着も手軽にでき、強度も十分なため延べ竿を使った釣りをする場合は是非身につけて置きましょう。

結び方をイラストで解説


20~30cmくらいのダブルラインを作り、輪を作ります。

軸となるラインの下側に先端をくぐらせ、最初に作った輪に通します。

➀、➁はエイトノットループを作る工程と同じです。まずはこれを完成させます。

同様の手順で、先端部にもう一つエイトノットループを作ります。

のべ竿の先端に図のようにくぐらせます。

最後に軸となるラインを締め込んでいきます。

ラインのコブとコブがしっかり留まれば完成です。
※外すときにはラインの先端の輪を引っ張ってやれば、簡単にはずすことができます。