【ギンガメアジ】


ギンガメアジは、スズキ目アジ科に分類される魚。

特徴

幼魚は明確な暗褐色の横帯を数本持ち、メッキと呼ばれる。
横帯は成魚になると消失し、エラブタ上部に1個の小さな黒斑紋がある。
第2背ビレの先端が白いのも特徴。
全長は50cm程度。地方名はコゼン、ヒラアジなど。

シーズン

5月~10月。

釣り方・仕掛け

メッキと呼ばれる幼魚はルアーを追うため、ルアーフィッシングで釣れる。
南洋では成魚も多く、ルアーフィッシングの対象となる。

釣りスポット

磯・沖・防波堤・河口。河口や内湾に多く、川を遡りアユやオイカワ、ハゼ類を好んで食べることもある。
成魚は内湾の沖合いに生息し、イワシやエビ類などを捕食する。
本来は分布域でない関東以北にも見られ、冬にはほとんど死滅するが、港湾の温排水口などで越冬し成長をするものもいる。

美味しい食べ方

刺し身、焼き魚、揚げ物。
アジのさばき方
アジとオレンジのサラダ
アジと大根の土佐酢かけ
アジの梅しそ風味焼き
アジの押し寿司
アジのチリソース丼
アジのつみれ汁
アジのおろし煮
アジのさつま揚げ
アジのなめろう
アジフライ