【キンメダイ】


キンメダイは、キンメダイ目キンメダイ科に分類される魚。

特徴

眼が大きく、新鮮なものは金色にも見える。体は鮮やかに赤みを帯び、若魚は背ビレの前部が伸びる特徴がある。深海でも生息できるように、エサを食いだめできるように胃が発達している。長生きする魚だが、大きくなっても60㎝程度。地方名はキンメ。

フルシーズン釣れるが、冬のキンメダイは最高級魚としても知られるほど、美味とされる。

シーズン

10~6月。ベストシーズンは1~3月。

釣り方・仕掛け

電動リールを使い、15~20本のハリがついた胴突き仕掛けを1日2~8回程度投入する特殊な釣り方。深海を狙うことになるので、手返しの回数が減ってしまうため、できる限り追い食いをさせて釣り上げることが重要。また、とにかく底を釣るようにオモリで底ををたたきながら、アタリを待つように底付近で仕掛けをキープすることが大切。

口が弱い魚でもあるため、取り込み時には玉網を使用し、強引な巻上げは避けよう。

釣りスポット

沖。釧路沖以南の太平洋岸に分布し、インド・大西洋・地中海などの世界中の温帯・熱帯域に見られる。夜行性で水深500~600mを群れをつくって生息し、甲殻類、小魚、イカなどを捕食する。

美味しい食べ方

煮物、刺し身、フライに向き、高級魚として有名。

タイのさばき方
キンメダイの中華風ちらし
キンメダイと厚揚げのメンつゆ煮
キンメの竜田揚げ