【カワハギ】

  
カワハギは、フグ目カワハギ科に分類される魚。
ハゲ、ハギとも言う。

特徴

著しく側扁した、ひし形に近い体が特徴の魚。体長は大きいもので30cmほど。
主に岩礁地帯に集まっており、とにかく口が小さく、おちょぼ口。
そのため、エサ取りとして時に釣り人の天敵となることもある。

シーズン

一年中。ベストシーズンは12~2月。

釣り方・仕掛け

堤防などではミャク釣りで狙う釣り人が多い。
船では胴突き仕掛けで狙う釣り人が多い。
エサはゴカイなどの虫類、アサリのムキ身が一般的。

コツ

ミャク釣りも良いが、堤防でも船でも胴突き仕掛けのほうが釣りやすい。
基本的には底をとりながら、こまめに誘いをかけてやると良い。
ちょっとしたアタリでも怪しいと思ったらすかさず、合わせてみましょう。
その場合でもかかっていなければ、そのまま続行してもかまいませんが
エサをとられている可能性もあるので、注意しましょう。
また、口が小さいので、エサは針に沿って小さくつけることが鉄則です。
あまりにも針掛かりが悪ければ、針のサイズを落としたり(小さくして号数を下げる)することも考えましょう。

釣りスポット

北海道以南の防波堤、磯、沖の岩礁で釣れる。
特に海藻の繁茂した海域に群れで居ることも多い。

美味しい食べ方

白身でよく締まった身は刺身にすると美味しく、肝は食通の間で人気が高い。
詳しくは、カワハギのさばき方参照。


その他のマメ知識

カワハギ釣り専門の釣りクラブもあるほど人気の高い魚である。
クロダイ釣り(イカダ・カセ)ではエサ取りとしても有名。