【カツオ】



特徴

カツオ(鰹)、学名 Katsuwonus pelamis は、スズキ目・サバ科に属する魚の一種。
暖海・外洋性の大型肉食魚で、1種のみでカツオ属 Katsuwonus を構成する。
体型はきれいな紡錘型で眼の後部、胸甲部、側線部を除き、ウロコがない。
死後に体側から腹部にかけて暗色の縞紋様が現れる。
一生泳ぎ続ける魚で、眠るときでもスピードを落として泳いでいる。
全長1mになるものもいる。
初夏に黒潮に乗ってくるカツオを上りガツオ、秋から冬のものを下りガツオと呼ぶ。
地方名はマガツオ、ホンガツオ、スジガツオなど。

シーズン

5~11月。ベストシーズンは5・6月と10月。

釣り方・仕掛け

一本釣りが主だが、ルアーフィッシングも人気が高い。
船釣りではカタクチイワシをまきエサに用いたフカセ釣りや一本釣り、バケという擬似エサを使ったカッタクリ釣りなどがある。
ルアーフィッシングではメタルジグやトップウォールプラグを使う。
ナブラという魚の群れや鳥山を探して釣るのが一般的。
活きエサの場合はとにかく元気に泳ぎ回るようにすることが大切。
堤防からナブラがたっているようなときにはカゴ釣りでも狙うことができる。
ルアータックルについて

①PEライン4~6号 
SFノットフィッシャーマンノットなど。
ショックリーダー80~120ポンド ※1.5~3ヒロ程度
ハリソンズループダブルエイトノットループなど。
※ロッドは6~8f、リールは4000番~8000番台以上

スポット

5月頃に黒潮にのり、鹿児島沖、土佐沖と北上し、相模湾や房総沖に姿を現す。
さらに三陸沖から北海道南部沖まで北上して夏を過ごし、その後南下する。
日本近海にも分布するが、日本海で見ることはまれ。世界中の熱帯・温帯海域に生息している。
表層を大群で回遊し、時速25kmほどで遊泳し、早いときには100kmにもなる。

美味しい食べ方

初夏の早い時期に獲れるものほど赤身で、北上にともなって脂がのり、関東近海で獲れる初鰹が一番美味。
鮮度の低下が早いので、鮮度保持に注意。
新鮮なものは刺し身、たたきに、そのほかステーキ、煮物にも向く。
カツオ節、なまり漬け、オイル漬けなどの加工品にもする。
カツオの角煮
カツオの香味がけ
カツオの味噌炒め
カツオのあっさりマカロニサラダ
カツオのゴマゴマサラダ
カツオのそぼろちらし