【カタクチイワシ】

カタクチイワシは、ニシン目カタクチイワシ科に分類される魚。

特徴

下アゴが極めて短く、上アゴが突き出しているように見える。
目は大きく口の後ろまで開く。体形は円筒形。体色は背部が暗青色で腹部が銀白色。
地方名はシコイワシ。

シーズン

4~12月。

釣り方・仕掛け

内湾の堤防で、サビキ釣りをすると簡単に釣れる。
大型肉食魚のエサとしての需要が大きい。
ソルトルアーではベイトとも呼ばれ、青物が好むので、
このイワシの群れを探したりする。
イワシに限らず、小魚のこのような群れをナブラともいう。

釣りスポット

日本各地のの沿岸や外洋の表層から中層に大きな群れをつくって回遊し、主に小型の甲殻類を食べる。

美味しい食べ方

塩漬けをオリーブ油につけてアンチョビを作る。幼魚はシラスとして食べられる。
その他メザシにも使われる。高度不飽和脂肪酸が多く、脂肪含有量も高いので、味がくどい。
唐辛子や生姜、山椒で辛煮にする。