【オヤビッチャ】


群れがオヤビッチャ。手前の大きな魚はベラ。
オヤビッチャは、スズキ目スズメダイ科に分類される魚。

特徴

白地に黒色の横帯を5本持ち、体側中央より上部が黄色っぽいため、同じスズメダイ科の仲間と区別がしやすい。
全長20cmを超えるものもある。
地方名はシマハギ、アヤビキ、タネラー、アブラウオなど。

シーズン

6~10月。

釣り方・仕掛け

磯、防波堤。エビやイソメ類のエサによってくることもある。

釣りスポット

インド・太平洋域の温帯・熱帯海域に分布。
主にプランクトンを食べて生活している。
日本では千葉県以南の南日本に分布。
サンゴ礁域や岩礁域でよく見られる。
磯のタイドプールで見かけることも多い。

美味しい食べ方

空揚げ、フライにする。
どちらかというと食用より、観賞用。