【オキアジ】

オキアジは、スズキ目アジ科に分類される魚。

特徴

全長は大きくても40cm。体高が高く、身も厚い。
体色は全体が黒ずみ、体側を数条の暗緑色の横帯が走り、前方に向かうトゲを備えたゼンゴを持つ。
口内の上面や舌上は白く、残部が黒緑色。
地方名はマナガタ、メッキノオバサン、メッキノメン、ドロメッキ、モウセ、ボウゼなど。

シーズン

6~10月。

釣り方・仕掛け

同型であればシマアジよりも引きが強い。
船釣りや磯釣りで狙えるが、釣り期には地域差があり、伊豆諸島では初秋、沖縄諸島では冬期にかなりまとまって釣れる。

釣りスポット

磯・沖。
南日本からインド・太平洋の暖海に分布。
沖合の中低層を小さな群れで遊泳し、甲殻類や小魚類、ゴカイ類などを食べている。

美味しい食べ方

刺し身、焼き魚、煮魚など。
アジのさばき方
アジとオレンジのサラダ
アジと大根の土佐酢かけ
アジの梅しそ風味焼き
アジの押し寿司
アジのチリソース丼
アジのつみれ汁
アジのおろし煮
アジのさつま揚げ
アジのなめろう
アジフライ