【イトヒキハゼ】

イトヒキハゼは、スズキ目ハゼ科に分類される魚。

特徴

第1背ビレの糸状に伸びた軟条が名前の由来となっている。
他のヒレも大きい。頬に青色の小さな斑点が散在する。
噛みつく習性があることから各地の方言で「テカミ」(手噛み)などと呼ばれる。
全長10cmほど。

シーズン

5月~10月

釣り方・仕掛け

シロギス投げ釣り外道としてかかる。

釣りスポット

本州中部
砂浜

その他のマメ知識

食用にすることはないが、マゴチ釣りの生きエサとして利用したりする。