【イシダイ】


イシダイは、スズキ目イシダイ科に分類される魚。

特徴

シマダイ、サンバソウと呼ばれる幼魚期には体側に鮮明な黒色の黄帯が7本あるが、成魚では不透明になり、全体的に黒ずむ。
特に全長50㎝を超える老成魚は口の周りが黒くなり、雄だけが黄帯を消失するため、クチグロ、ギンワサの別名がある。
また、磯の王者との異名もあるほど、イシダイ釣りに没頭するアングラーも多い。
春から初夏にかけて産卵し、孵化した稚魚は、イシガキダイ、メジナ、アジ、カワハギなどの稚魚に混じって流れ藻につき、小型甲殻類を食べて成長する。
体長10㎝になると黄帯が鮮明になり、磯や根に移動して生活する。
成魚は磯や沖合の岩礁帯と周辺に生息し、伊勢エビなどの甲殻類、アワビ、サザエのような巻貝、ウニ、フジツボなどの底生動物を頑丈なくちばし状の歯でかみ砕いて食べる。
全長60㎝程だが、80㎝になる大物もいる。
地方名はワサナベ。

釣り方・仕掛け

強烈な引きに耐えるロッド、リールが必要。
エサにはサザエや伊勢エビ、ウニなどを使うため、釣りの費用がかかる。
大きく分けて、捨てオモリ仕掛けと南方宙釣り仕掛けで狙う。
いわゆる磯の際にウニが付着しているようなイメージで中層を釣るのがスタイル。
ゴツゴツしたアタリは鮮明で、グッと食い込みがあったところで、
力強く大アワセをする。 
イシダイのヒキは相当強いので、にもぐられない様に
竿の弾力を活かして素早く取り込む必要がある。
ハリスも通常のラインではなくワイヤー状のものを使用するほど、豪快な釣り。

釣りスポット

17~20℃の水温を好み、春から秋に磯に寄る。
冬の低温期には沖の深場に移動する。
水温が13℃を下回るとエサを取らなくなる。
北海道以南の日本各地に分布するが、特に南日本に多い。

美味しい食べ方

大型になると味が落ちるため、40㎝前後のものがよい。
やや磯臭さがあるため、生食よりはあらいなどが向く。
他にも塩焼き、煮物、あら煮、寿司種で食す。
秋のものが美味。
タイのさばき方
タイの酒蒸し
鯛のオリーブソース焼き
タイの木の芽バスタ
鯛の香味蒸し
鯛めし
マダイとレタスの簡単スープ
マダイのサラダ