【アラ】

アラは、スズキ目スズキ科に分類される魚。

特徴

エラブタに毒をもつ鋭いトゲがある。
幼魚は体側に3本の褐色の縦帯があるが、成魚になるにつれて不明瞭となる。
体長は成長しても40cm程度がほとんどだが、中には1mに及ぶものもいる。
地方名はオキスズキ、キツネ、ホタ、イカケなど。

シーズン

9~4月。ベストシーズンは12~2月。

釣り方・仕掛け

水深100~250mの深所に生息するため、中・深場の根魚五目釣りで狙える。
魚の切り身をエサに用いた胴突き仕掛けをたらして行なう。
イカやアジなどの生餌を使うこともある。

釣りスポット

関東地方以南の日本近海に分布する。
やや深めの水深の岩礁帯に生息する。

美味しい食べ方

淡白な白身で、刺身、鍋物、焼き物などに向いている。