【クロガシラガレイ】



海魚。カレイの一種。

クロガシラガレイ

カレイ目 カレイ科
学名 : Pleuronectes schrenki (Schmidt)
地方名 : クロガシラ、クロガレイ、オキガレイ、アカガシラ 等
漢字 : 黒頭鰈
アイヌ語 : イロンネサマンペ、ヤイチェヘ、ヤッチェへ

生態

北海道及び青森県に多く分布する北方系のカレイ。水深100mまでの砂底もしくは砂れきに棲む。砂底に潜り込む・砂れきにへばりつくなどして餌を待ち、餌が頭上にくると底から一気に飛び上がり餌をとる。
産卵期はオホーツク海及び太平洋で4月~5月、日本海で2月~3月である。産卵期には水深が概ね30mより浅い場所へ移動する。
成魚は主にゴカイ類・甲殻類などを餌にする。
寿命は約14年。

形態


他のカレイ類と同じく扁平な形態を持ち、両眼は右体側にある。有眼側(所謂、表)は褐色・赤褐色・緑褐色のまだら模様など、生息場所や個体にばらつきがある。無眼側(所謂、裏)は白色、背びれ(所謂、えんがわ)、尾びれに黒色線が多数ある。この黒色線も個体により、薄いもの・線の少ないもの、短いものなどばらつきがある。
体長は大きいもので50cm台後半に達する。

シーズン

盛期は以下の通り。
北海道中央部より南の日本海で4月~5月。
北海道北部の日本海で5月~6月。
太平洋・オホーツク海で概ね6月。

釣り方・仕掛け

釣り方は船釣り投げ釣りがポピュラーである。

船釣り

船釣りの場合、特にクロガシラガレイのみを狙ったものではない。カレイ類の多くが春に盛期を迎える為、マガレイなども狙った「カレイ釣り」として乗船する場合がほとんどである。このことから、クロガシラガレイ専門のタックルを使用するということはない。マガレイや砂ガレイといった、同じ時期にシーズンを迎えるカレイ釣りと併用されるものである。
竿長1.8m~2・7m、オモリ負荷30号前後にPEライン3号程度を200mほど巻いた小型の胴付きリールをセットする。仕掛けは市販・自作と様々なものがある。よく使用される形態の一つに、船釣り用カレイオモリ30号~50号を仕掛けの一番上方に付け、オモリより下にナイロンライン5号程度の幹糸を20cm程度、幹糸の途中に14号程度のカレイにナイロンライン3号程度のハリスを10cm程度付け、幹糸の最下方にナイロンライン3号程度のハリスを40cm、カレイ針14号を結ぶ。オモリより上方にハリスと針をもう一本結んで3本針とする場合もある。
餌にはイソメ(→アオイソメ)を使用するのが一般的である。
釣り方は、オモリが底に着いたら竿先を上下に軽くシャクリ、オモリを海底にコツコツと小突くようにする。
竿はあまり硬いものや長いものを使用すると釣果が極端に落ちる。また、仕掛けも長すぎるとアタリが取りにくく釣果が落ちる。

投げ釣り


投げ釣りは主に砂浜や防波堤、磯で行われる。水深の深い場所の方が釣果が良く、大型もでやすい。そのため、砂浜からの釣りでは遠投を要する場合が多い。
竿は竿長4.05m~4.25m、オモリ負荷25号~35号の振り出し竿もしくは並継ぎ竿を使用する。リールは中型もしくは遠投仕様のスピニングリールはナイロンライン3号程度、遠投仕様の場合はナイロンライン2号、フロロカーボンライン1.5号~2号、PEライン0.8~1号のいずれかを使用する。また、その場合は道糸の先に力糸を15メートルほど結ぶ。
仕掛けは、市販・自作と様々である。主に使用されるのは胴付き仕掛けであるが、通常の胴付き仕掛けよりも一番下方のハリスがオモリ位置より極端に長いものが使用される。これはカレイが砂底内に潜んでいる為、餌をよりカレイに近づけ目立たせる工夫である。
基本的な仕掛けの仕様は、ナイロンライン10号、1m程度の幹糸の上方から40cm程度の所にナイロンライン3号~5号程度のハリス、13号程度のカレイ針をつける。下方にはオモリ接続部直前に小型のトンボピンなどを付け、ナイロンライン3~5号程度のハリス20cm程度にカレイ針13号程度を結ぶ。オモリは25号~30号程度。
遠投仕様の場合は幹糸を14号程度に上げ、キャスト時にかかる負荷に耐えうるようにする。
餌はイソメを使用する場合が多い。また、遠投する場合はキャスト時の餌切れを防ぐために塩イソメを用いる。
釣り方については、置き竿が主でキャスト後はあまり糸を張り過ぎないようにする。アタリはコツコツといったアタリが多く、第一回目のアタリでアワセると針掛かりしない場合が多い。第一回目のアタリが来た際は、少し糸を送り出してやると良い。

釣りスポット

北海道・東北地方の海岸及び防波堤、磯。または沖合い。

北海道地方

積丹海岸、石狩湾、苫小牧西港、室蘭港など

東北地方

'※加筆願い(→ノート参照)
'

その他のマメ知識


背びれにある黒色線が(カワガレイ)薄いクロガシラガレイを薄化粧、黒色線が濃いヌマガレイを厚化粧と呼ぶ。
クロガシラガレイの醍醐味はその大きさと肉の厚みであり、絞り込むような強い引きである。
食味はマガレイと同じく大変美味であり、焼き魚や煮つけなどで食される。また、肉厚なため刺身などにもされる。

関連項目

カレイ
座布団ガレイ