【ロウニンアジ】





ロウニンアジは、スズキ目アジ科に分類される魚。
ジャイアント・トレバリーとも呼ばれ、略称ではGT(ジィーティー)として
多くのソルトルアーアングラーに愛される魚。

特徴

体高が高く、胸部の腹面にはウロコがなく、腹ビレの付け根にウロコが微少にあるのみ。
全体的に銀色で幼魚はギンガメアジとともにメッキと呼ばれる。
ギンガメアジの幼魚とは異なり、ロウニンアジの幼魚は腹ビレ、尻ビレ、尾ビレが黄色い。
ギンガメアジ、カスミアジ、カッポレなど、仲間の大型アジ類とともに、ヒラアジとも呼ばれ、中でも最も大きくなる種。
大型化したものは1m以上で、重さも50kgにもなる。
地方名はヒラアジなど。

シーズン

3月~11月。

釣り方・仕掛け

磯釣りではタックルを使った泳がせ釣りなどで狙うが、最近ではルアーで狙う人も増えた。
ルアーの場合は手返しよくポイントを攻められるため、ボートで狙う方が多い。

釣りスポット

磯。南日本に分布する熱帯性。
沖縄諸島や小笠原諸島周辺に多く見られる。
中・小型魚を捕食する肉食性で、成魚は単独で沿岸を回遊するが、沖縄諸島などでは外海に面した磯やサンゴ礁域の荒磯に多い。
超大物を狙うなら、南方の離島がベスト。
カスミアジやギンガメアジは磯際のやや浅場に生息するが、ロウニンアジはやや深いところを好む。
さらに深場に生息するのがカッポレだが、水深100m以上の深場でも、浅場でも釣れるため生息域はかなり広い。
メッキは黒潮にのって北上し、関東以北の内湾などでも見られるが、越冬できるものはほどんどいない。
一部生き残るものは、港湾の水温の高い温排水口などで小魚などのエサを栄養とするため、50cmほどに急成長するものもいる。

美味しい食べ方

刺し身、焼き魚。中でも4~5kgくらいのものが一番美味。
アジのさばき方
アジとオレンジのサラダ
アジと大根の土佐酢かけ
アジの梅しそ風味焼き
アジの押し寿司
アジのチリソース丼
アジのつみれ汁
アジのおろし煮
アジのさつま揚げ
アジのなめろう
アジフライ