【ムロアジ】

ムロアジは、スズキ目アジ科に分類される魚。

特徴

やや円筒形の体型で、尾ビレは暗黒色で縁が黄色っぽい。
新鮮なうちは体側に黄色の縦帯が入っている。
側線のゼンゴというトゲ状のウロコが尾ビレ側の直走部の4分の3を占めている。
全長は25~40cmに達する。
地方名はアオアジ、モロ、モロアジ、アジサバ、ウルメなど。

シーズン

5~11月。

釣り方・仕掛け

定置網や巻き網で漁獲される。
ヒラマサカンパチイソマグロなどの大型回遊魚のエサとされることが多い。

釣りスポット

磯・沖・防波堤。
本州中部以南に分布し、特に離島の瀬に多い。大きな群れをつくり、やや沖合の中層を活発に泳ぐ。

美味しい食べ方

伊豆半島や琉球列島に分布する、クサヤモロと同じく、干物のクサヤに加工される。
新鮮なものはそのまま刺し身としても食べられる。
アジのさばき方
アジとオレンジのサラダ
アジと大根の土佐酢かけ
アジの梅しそ風味焼き
アジの押し寿司
アジのチリソース丼
アジのつみれ汁
アジのおろし煮
アジのさつま揚げ
アジのなめろう
アジフライ