【マサバ】

マサバは、スズキ目サバ科に分類される魚。

特徴

体型は紡錘形で背中にサバ紋といわれる黒色の波紋の紋様がある。全長は50cm。
地方名はホンサバ、ヒラサバ、ヒラス、タックリなど。

シーズン

一年中。ベストシーズン(良型)は10~1月。

釣り方・仕掛け

かつては沖釣りの外道として扱われていたが、以前ほど釣れなくなった。
防波堤に大群で寄る小サバはサビキ釣りなどで簡単に釣れる。
サバはハリ掛かりすると一気に横方向へ突っ走るので、追い食いは狙わず、
素早く取り込むようにすると良い。
船で狙う場合は、カゴ釣りでのコマセを撒くスタイルが主流で、
その日、時間帯によるタナを探り当てることがコツ。
ルアータックルについて

①PEライン1~1.5号 
SFノットフィッシャーマンノットなど。
ショックリーダー20ポンド ※1ヒロ程度
ユニノットクリンチノットなど。
※ロッドは6~8f、リールは2500番~4000番台以上

釣りスポット

磯・沖・防波堤。
全世界の亜熱帯・温帯海域に分布し、日本各地の近海にも見られる。
沿岸域の表層を大群で回遊し、イワシ、アジなどの小魚類やイカ類、動物プランクトンを捕食している。

美味しい食べ方

秋から冬にかけての脂がのった時期が一番美味。
鮮度がすぐに落ちるので、鮮度保持には注意。
締めサバ、味噌煮、塩焼き、バッテラなどにして食される。
青物は傷むのがとても早いので、釣ったらスグに血抜きをしましょう。
できれば、ハラワタやエラも取り除いておきたいところ。
サバのさばき方
サバの味噌煮
しめサバ
しめサバのたたき
サバと冬瓜のスープ
サバのあんかけ
サバのそぼろ寿司
サバのトマト煮
サバの薬味漬け
しめサバのカルパッチョ風サラダ
焼きサバの酢のもの